娘のダンス発表会に感動しました。


現在、私は43歳です。
私には、7歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子がいます。
娘は、幼稚園年中からヒップホップを習っています。

きっかけは、娘の健康のためです。
水泳と同時にヒップホップを習わすことにしました。
娘のヒップホップ教室は、2年に1回、12月にダンス発表会があります。
娘が幼稚園年中の時に初めて参加しました。

その2年後、小学校2年生になった娘は、去年の12月25日に、2回目のダンス発表会に参加しました。
毎回、ダンス発表会には、テーマがあるのですが、今回のテーマは、CINEMAS(映画)でした。
CINEMAS(映画)のテーマにちなんで、娘の所属する水曜日キッズグループの踊りは、タートルズでした。
正義のみかたタートルズ(亀)が、悪者をやっつけに行く踊りです。
ダンス発表会のある年は、夏ごろから、休日を返上してダンスを練習する機会が増えてきます。
全体リハーサルですと、生徒が約300人いますので、朝9時から夕方5時までなどと、1日がかりの練習になります。
全体リハーサルの日になりますと、娘は、「ダンス発表会が終わったら、私は、絶対にダンスをやめる。」と文句を言っていました。
娘にとって、休日なのに1日中ダンスで束縛されることが苦痛だったのでしょう。
しかし、練習が終わって帰ってくる娘の顔は、いつも晴れ晴れとしていました。

12月25日のダンス発表会の日になりました。
いよいよ、娘の水曜日キッズグループ、タートルズの踊りが始まりました。
水曜日キッズグループは、25名います。
娘は、最初からのりのりで、音楽を口ずさみながら、リズムに合わせて、とても上手に踊っていました。
また、幼稚園年中の頃に比べたら、娘のダンスのすごい成長ぶりにとても感動しました。
25名のダンスが、最初から最後までそろっていて、かっこよくきまっていました。
ダンスの最後に、25名がポーズをきめた時、私は、「ブラボー!!」と思わず手をたたいてしまいました。

25名のタートルズは、とてもかっこよかったのです。
そして、何よりも娘が楽しんで上手に踊っている姿は、嬉しかったです。
娘のダンス発表会、とても喜ばせてもらいました。

Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です